あらいこどもクリニック|青森県弘前市城東中央にある小児科眼科クリニック

あらいこどもクリニック
home 診療理念 スタッフ紹介 施設紹介 施設概要・アクセス お問い合わせ

診療方針
home
クリニック紹介
診療理念
スタッフ紹介
施設紹介
施設概要・アクセス
お問い合わせ
プライバシーポリシー
 
診療方針
小児科
眼科
→ 大切なこと
→ 子どもへの医療行為
 
病気について
糖尿病性網膜症
子どもの目の病気
→ 蕁麻疹
→ 先天性鼻涙管閉塞症
→ 子どもの中耳炎
→ 発達障害
 
トピックス
→ 最近の小児科の話題
子育てのしおり(PDF)
→ 予防接種について
→ 新型インフルエンザ
→ one airway,one disease
→ 虐待と放任
 
トピックス
城東コンタクトレンズ
コンタクトニュース
病児保育室「きりん」
きりんニュース(PDF)
関連リンク先
 
あらいこどもクリニック
眼科クリニック

〒036-8093
青森県弘前市城東中央4丁目2-8
TEL.0172-27-2233
 

小児科

一般の小児科が診療するこどもの急性疾患において、もっとも頻度が高いのは気道感染症と消化管感染症です。
こどもは鼻機能が未発達なため、気道感染症時に鼻閉、後鼻漏が容易に生じます。すると気管、肺に負担をかけ、咳、喘鳴が出現し、気管支炎、肺炎に進行し全身状態が悪化します。またのどから中耳腔へ炎症が波及すると中耳炎になります。すなわち気道感染症の時には、いかに鼻、のどの炎症を肺や中耳に進展させないことが重要になります。
当院には、鼻や耳の診療に必要な器具が設備されています。具体的には耳鼻科ユニット、耳鼻科手術用顕微鏡、ネブライザー、鼓膜硬性内視鏡、喉頭副鼻腔用ファイバースコープ、耳鼻科用レントゲン装置、鼓膜切開用麻酔器、インピータンスオージオメトリー、聴力測定器など。これらの機器を使用し、器官の状態を評価しながら治療をすすめます。

小児科

 

子どもの場合、腸管の常在細菌叢が脆弱なため、ウィルス感染症、抗生剤、全身状態の不良等で容易に常在細菌叢が乱れます。すると下痢や腹痛、腹満、嘔吐などの腹部症状が出現し、栄養状態が低下します。腹部症状が出現し始めたら、放射線被爆がない、エコーなどで腸管の状態を観察しながら、治療を進めることが大切です。

 

当院には小さな子どもの入院が可能な設備があります。外来で治療をすすめていているにもかかわらず回復が思わしくない場合や、発症したばかりなのに病状の進行が早い場合が、低年齢の子どもほどありがちです。このような場合、入院が究極的手段です。短期間でも入院し、集中的治療をおこなうと病状は回復傾向にむかい、その後の治療が外来で可能になります。

小児科

 

子育て支援も小児科を専門とする医療機関の重要な仕事です。当院小児科の「子育て支援局」は、病児保育室の運営を弘前市から委託されています。お子様が病気のときでもご両親が安心して就業が継続できるように、病気の子どものための看護、保育の専門職が、ご両親のお迎えまで看護保育いたします。

小児科

 

小児科は子どもの病気ばかりではなく、成長や健康の維持のための支援も大切な仕事です。乳児健診や養育相談、予防接種をとおしてお子様の健全なこころとからだの発育のお手伝いをいたします。
 
また子どもは夜間や休日に突然状態が悪化することがあります。当院はかかりつけであれば、可能なかぎり連絡相談できるように努力しております。そして診療や支援をとおして、お子様が健やかに育まれることためのお役にたちたい考えております。

小児科

 

安全管理に関する宣言(PDF)

 

あらいこどもクリニック こども診療宣言(PDF)